舞台「走る」に合格しました!

昨年秋の書類審査から、今年の1月、2月、3月、4月とワークショップ型のオーディションや自宅での課題(走りこみ&筋トレ&ダンス)を重ね、昨日で「合格」をいただくことができました!!


舞台「走る」とは、倉本聰さんが脚本、中村龍史さんが演出する舞台で、2017年1月~2月に富良野、東京、大阪、名古屋などで公演予定の舞台です。


詳細はコチラ


倉本聰さんがアテ書き(出演者のキャラクターに合わせて脚本を書く)してくださるとのことで、お話しする機会もこれから設けられるそうです。キャラ全開にして、おいしい役がもらえますように。笑。


「走る」姿を通じて人生を描き出す舞台なので、舞台上では原則常に走っています。オーディションではその資質や体力、センスがあるかをずっと試されていました。


今までの人生で、「走る」ことなんて、全く自分に無関係だと思っていましたが、この舞台に出たいので、走ることに真剣に向き合うこととなりました。自分では忘れていましたが、私は以前、MCで「恐竜に追いかけられない限り走る意味がわからない」と言っていたそうです。笑。


来月からもワークショップがあり、まだまだ油断はできませんが、ひとまず「合格」をいただけて、本当に嬉しいです!!応援ありがとうございます!!


【投票を引き続きお願いいたします】【現在2位】【5月10日まで】【一日につき1人2票を投票可能です】投票はこちらから

沢山の投票をありがとうございます。おかげさまで3桁到達しました!!

getstageさんでのイベントに出られるのは優勝者と準優勝者です。

多くの方に歌を聴いていただける機会を得るため、皆様にご協力いただき、本当に感謝しております。

facebookアカウントとtwitterアカウントで、24時間につき1票ずつ、計2票の投票が可能です。

5月10日まで、引き続きご協力をお願いいたします。ありがとうございます。


4月17日のコンサートも無事に終了しました♪あんな歌い方もできるんです。笑。次回は5月19日(木)にCwave生出演します。詳細はコチラ ぜひスタジオに応援に来てください!お願いいたします!!

文夏~Singer, Actress, Rehabilitation Make up Therapist(REIKO KAZKI)~の部屋

歌手、女優、リハビリメイクセラピストD級・かづきメイクインストラクター(REIKO KAZKI)の文夏です。

0コメント

  • 1000 / 1000